ニュース

国内女子ヤマハレディースオープン葛城の最新ゴルフニュースをお届け

選手コメント集/ヤマハレディースオープン葛城 2日目

渡邉彩香 2バーディ、ノーボギー「70」 通算2アンダー2位

「後半は雨も強くなって難しかったです。(ノーボギーラウンドについて)ティショット、セカンドともにフェアウェイをキープできたし、グリーンにも乗って、ピンチのない安定したゴルフができました。1日を通してショットが良かったです。葛城は難しいので、フェアウェイキープが大事だと思って、ティショットは7~8割の力で打ちました。割り切ってラウンドができたと思います」

アン・ソンジュ 5バーディ、1ボギー「68」 通算2アンダー2位

「雨が降ってきたので期待はしていなかったです。予選落ちをしてもいいと思って、ショットもパターも狙っていこうと。それが上手くいきました。トップとは離れているし、優勝とかはぜんぜん考えていないです。少しでも自分のプレーができて、予選を通過できたので良かったです」

勝みなみ 4バーディ、1ボギー、2ダブルボギー「73」 通算3オーバー28位

「いやー、悔しかったというか、もったいなかったです。やっぱりダブルボギー(前半8番)があったので。(2つ目のダボの)13番のOBももったいなかったですね。でも、スコア的には昨日よりもいいので良かったです」

川岸史果 1バーディ、6ボギー「77」 通算6オーバー58位

「(カットラインに滑り込んで)ビックリしました。最後(18番)のバーディが大きかったです。今日は練習前から肩が張っていて、ショットもパットも距離感が合わなかった。(父でプロゴルファーの川岸良兼からは)ラインがありました。スタンプ付きで、“バカヤロウ、ナイスバーディ”って。明日からは思い切っていくだけです 」

関連リンク

2015年 ヤマハレディースオープン葛城




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストにはミナミ・レボノウィッチプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~