ニュース

国内女子LPGAツアー選手権リコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

初優勝はまたもお預け 穴井詩はプレーオフに敗れ涙

ツアー初優勝の瞬間は、またしても穴井詩の手からこぼれ落ちた。単独首位からスタートした「LPGAツアー選手権リコーカップ」最終日は、1打差を追うテレサ・ルー(台湾)に通算10アンダーで並ばれ、自身初のプレーオフに突入。2ホール目をバーディとしたテレサに敗れ、18番グリーンサイドで待ち受けていた成田美寿々に抱かれながら涙した。

雨が降りしきる中で行われたプレーオフは、1ホール目をボギーで分け合い、2ホール目へ。ピン右5mに乗せたテレサに対し、穴井は2打目をグリーン手前15ydにショートさせ、ピンチを迎える。最初は52度を手にしたが、「落としたいところに水が溜まっていた」と58度に持ち替えた3打目は、カップを逸れて2mほどオーバー。テレサがバーディパットを沈めた瞬間、穴井の初優勝は夢と散った。

<< 下に続く >>

優勝のチャンスは、確かにあった。同じ最終組のテレサがスタートホールの1番で、手前カラーから3パットボギー。穴井は続く2番(パー5)で2mのチャンスを決め、序盤で3ストロークのリードを築く。

しかし、続く3番と4番で1m前後のパーパットを外し、5番(パー3)はティショットを大きくオーバーさせての3連続ボギー。ここで逆転を許し、以降は粘りをみせてプレーオフまで持ちこんだものの、「(ボギーを)3つやった時点で、私の勝ちはなかったんだろうと思う」。優位に立ちながらも、自らを追い込む結果となった自滅を悔やんだ。(宮崎県宮崎市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 LPGAツアー選手権リコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!