ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

工藤遥加が3位浮上 「思い出の大会」で首位争いに名乗り

2014/10/03 20:16

国内女子メジャー「日本女子オープンゴルフ選手権競技」2日目を終えて、プロ4年目の工藤遥加が首位争いに名乗りを挙げた。前半は8番でダブルボギーを叩くなど2つ落としながら、後半に4バーディを奪う「70」のナイスカムバック。首位に1打差に迫る通算5アンダー3位タイに浮上した。

「アマチュア時代の思い出の大会なので、頑張ろうという意気込みはある。ここまでいいプレーができるとは思っていなかった」

<< 下に続く >>

工藤は2010年、当時17歳で出場した今大会で初めてプロツアーの舞台を踏み、33位で4日間を完走。今年は予選会を突破し、そのとき以来となる4年ぶり2回目の出場権を手にした。

8番では、ティショットが木の裏に止まる不運も重なっての4オン2パット。「それまで1mちょっとを外して流れも悪く、調子が悪いと思った」。しかし、ここで流れを変えられるのが、21歳がもつ非凡さだ。「リラックスして速いテンポでパットしたら、スムーズにストロークできるようになった」と、後半14番から「4、5mが連続して入った」と3連続バーディで挽回。「上がりが良かったので明日につながると思う」と決勝ラウンドへの流れも築いた。

元プロ野球投手で父の工藤公康氏からは、“やるべきことが出来ていない”と叱咤され続けている。「スイング、体力、マネジメントから練習方法まで、山ほどある。1つ1つクリアしていけばスコアも良くなるはず」と、父の厳しい言葉を胸に日々の練習に打ち込み、己を高めてきた。

まずは、明日のムービングサタデーが1つの山場。父と歩んできた年月の成長を、大舞台で示せるか。(滋賀県栗東市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには澁澤莉絵留プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!