ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

復活を狙う有村 昨年2位の菊地の2人が首位浮上!

◇国内女子◇日本女子オープンゴルフ選手権競技 2日目◇琵琶湖カントリー倶楽部(滋賀県)◇6,522ヤード(パー72)

昨年、メジャータイトルまであと一歩届かず2位タイに終わった菊地絵理香が、今年も大会を盛り上げている。予選第2ラウンドを終えて通算6アンダーの首位タイに浮上した。ツアー未勝利ながら、今季は25位以内が15試合と安定した成績を残し、ここ3試合は10位という戦績を続けている。

菊地と並ぶ首位は、米ツアーから帰国して参戦している有村智恵。1アンダー18位タイで出た有村は、6バーディ1ボギーの猛チャージを見せた。3日目は東北高時代の後輩・菊地と最終組でラウンドすることになった。

通算5アンダー3位は初日首位の東浩子、メジャー2連勝を狙う鈴木愛に加え、大会連覇を狙う宮里美香が浮上してきた。宮里は安定したゴルフで2つスコアを伸ばした。申智愛(韓国)、全美貞(韓国)、工藤遥加も並んでいる。

首位と2打差の通算4アンダー9位は大山志保テレサ・ルー(台湾)、アマチュアの永井花奈ら5選手。永井は14番で6アンダーの首位タイに浮上していたが、最終18番で痛恨のダブルボギー。それでもアマチュア最上位で決勝ラウンド進出を決めた。

昨年の賞金女王・森田理香子は3バーディ3ボギーとスコアを伸ばせず通算2オーバー38位で決勝へ。イーブンパーの28位で出たアマチュアの勝みなみは、この日5ストローク落として通算5オーバー63位タイ。1打及ばず予選落ちとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。