ニュース

国内女子ニトリレディスの最新ゴルフニュースをお届け

初の最終日最終組 西山ゆかりに初優勝のチャンス到来

「ニトリレディスゴルフトーナメント」2日目、7バーディ、3ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しいゴルフを展開した西山ゆかりが2つスコアを縮め、通算4アンダーの2位タイにつけた。明日は、同スコアの藤田幸希、2打先を行く首位の申智愛とともに、レギュラーツアーで自身初めてとなる最終日最終組からツアー初優勝を狙う。

「激しいゴルフでした」。午前7時9分に10番からスタートした西山は、正午前に早々とホールアウトすると、開口一番そう語った。出だしにボギーでつまずいたが、そこから15番までに3つバーディを重ね、「最初のボギーを忘れさせてくれる展開」が続いた。

<< 下に続く >>

だが、左からの風への対応が課題と認識していた16番(パー3)でボギー。さらにティショットを左に曲げて木に当てた前半最後の18番では、残り88ヤードの3打目がグリーン手前の傾斜にキャリーし、ボールはウォーターハザードの赤線ぎりぎりまで転がり落ちる。4打目もグリーン奥のラフまでオーバー。5打目をカップから数十センチまで寄せ、なんとかダブルボギーとしたが、「トリプルも見えていた展開だったので、ほっとした」。前半を「上ばかり見過ぎていた自分がいた。目標設定が『優勝、優勝』になり、体がついてきていなかった」と振り返った。

自分のゴルフをしようと気持ちを切り替えて、後半は4つのバーディ、ボギーは一つに抑え「ダボから立て直せたので、そこは自分を褒めていい」と自己評価した。

下部のステップアップツアーでは2度の優勝経験があるが、レギュラーツアーは2011年の「フジサンケイレディスクラシック」の5位タイが最高。「わくわくする気持ちもあるが、状況に惑わされず、自分のゴルフを忘れないようにやっていきたい」。プロ7年目の32歳が、気負うことなく最終日の戦いに臨む。(北海道恵庭市/片川望)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ニトリレディス

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!

女子プロはみんなやっている! 高性能スイングセンサー『フルミエル』で分析!
非力に見えるのに、一般男性の飛距離を上回る女子プロたち。「彼女たちのように飛ばせたら…」と願うアマチュアは多いはず。そこで高性能スイングセンサー『フルミエル』を使い、いま最も勢いのある13人のスイングを徹底解剖。そこには節電モードで効率よく飛ばせる、女子プロ流“ecoな飛ばし”のテクニックが満載!



特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!