ニュース

国内女子ヨネックスレディスの最新ゴルフニュースをお届け

今季から日本ツアー参戦 日系米国人の平野ジェニファーが首位発進

2014/06/06 18:01

新潟県のヨネックスCCで6日(金)、国内女子ツアー「ヨネックスレディスオープン」が開幕。5アンダーの首位に3選手が並ぶ中、その1人に、祖母を日本人に持つ日系米国人の平野ジェニファーが食い込んだ。

米国サンフランシスコ生まれ。1つ年上の姉の影響で9歳からゴルフをはじめ、祖父の指導のもと、マイアミ大進学後もプロを目指して腕を磨いた。2013年初旬から母親が住む日本へ身を寄せ、同年のファイナルQTで64位に入り今季からTPD単年登録会員として日本ツアーに参戦している。

<< 下に続く >>

レギュラーツアー出場は、今年5月のメジャー初戦「ワールドレディスサロンパスカップ」(予選落ち)に続いて2試合目で、いずれもQTランクに基づいた次点補充者枠により出場。「サロンパスは初めての試合だったのでナーバスになっていたけれど、今日はリラックスしてできたし、パットも調子が良かった。アイアンも良かったので、ボールをグリーンに乗せることだけを考えた」と、6バーディ、1ボギーの好ラウンドに繋げた。

現在は日本女子プロゴルフ協会の資格取得のためプロテスト(二次)を受験中。プレーの場を日本に求めるきっかけとなったのは、一時帰国していた12年に母に連れられて観戦した「日本女子オープン」だった。「日本のギャラリーは素晴らしいし、選手たちも優しい」と雰囲気に惹かれ、「食べ物もおいしいし、すごく楽しかった」と日本文化にも魅了され、現在は日本語の上達に励んでいる。

「明日からもボールを一生懸命グリーンに乗せて、2パットに収めていきたい」。米国から成功を夢見て渡った日本ツアーの舞台で、異色の経歴を持つ24歳が早くも強烈なインパクトを残した。(新潟県長岡市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ヨネックスレディス




特集SPECIAL

2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!