ニュース

国内女子ヨコハマタイヤPRGRレディスカップの最新ゴルフニュースをお届け

宮里藍をしのぐ快挙達成逃す…17歳の森田遥「本当に悔しい」

高知県の土佐CCで開催された、国内女子ツアー「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」の最終日。首位に3打差の8位から出た森田遥(高松中央高2年)は5バーディ、ノーボギーの「67」で回り、終盤まで優勝争いを演じたが、プレーオフに1ストローク届かない通算6アンダーの3位タイで終えた。

森田が優勝すれば、清元登子(1973年)、宮里藍(2003年)、キム・ヒョージュ(2012年)に次ぐ4人目のアマチュア制覇。17歳240日での優勝は宮里藍(18歳262日)を抜いて日本人最年少となるところだったが、快挙は惜しくも叶わなかった。

最終組の3つ前から、同組で回った一ノ瀬優希と競い合うように首位の背中を追った。終盤の15番には5個目のバーディを奪い、同じホールで一ノ瀬がバーディを奪い返す瞬間までは首位にも並んだ。悔やまれるのは直後の16番。ピンそば1メートル弱のバーディパットがカップに蹴られ、再び首位の一ノ瀬に並ぶ絶好のチャンスを逸した。

その直前にはスコアーボードを目にし、自分の位置を確認していたという。「(入れたら首位に並ぶ)そんな気持ちが出てしまったのかも。すべては16番でした。本当に悔しい」と、勝負の分かれ目となった痛恨の1打を振り返った。

敗れはしたが、優勝争いの中でも「もっと味わっていきたい緊張だった」と最後まで臆することなく、堂々としたプレーぶりを披露。アマチュア優勝についての意欲の高まりを問われると、「はい、なりましたね」と、今後は実感も伴うこととなる目標をはっきりと見据えた。次戦は、5月上旬開催の「サイバーエージェント レディス」への出場を予定している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ヨコハマタイヤPRGRレディスカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには吉本ひかるプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。