ニュース

国内女子ダイキンオーキッドレディスの最新ゴルフニュースをお届け

開幕直前、沖縄入りした森田理香子らの様子

7日に開幕する国内女子ツアーの14年度開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」を控え、女子プロたちが続々と現地入りを果たしている。沖縄県・那覇空港で行われた歓迎セレモニーでの注目選手たちの模様をお伝えしよう。

森田理香子
昨年、年間4勝を挙げて初の賞金女王に輝いた森田理香子は、今大会のディフェンディングチャンピオンでもある。このシーズンオフは1年間戦うことが出来るように体力トレーニングを中心に行ったという若き女王は、大会連覇に向けて爽やかな笑顔を見せた。

「(昨年大会は)プレーオフの相手が横峯さくらさんだったので、まさか自分が優勝出来るとは思っていなかったです。でも、そういうことを思い出しながら頑張りたいと思います。(師匠である)岡本(綾子)さんからは、毎年新しい課題を頂けるので、それを出来るように頑張っていきたい。去年同様一番になれたら嬉しいですが、まずはトップ3を目指して頑張りたいです」

宮里美香
米ツアーを主戦場とする宮里美香は、現在Rolexランキング(女子世界ランキング)では日本人最上位の25位。地元沖縄で開催される今大会には、4年連続8度目の出場となる。昨年は「日本女子オープン」で自身2度目の優勝を飾るなど、スポット参戦での強さは証明済み。今大会でのベストフィニッシュは04年の8位が最高なだけに、さらなる上位フィニッシュに気合いを見せる。

「先週のシンガポールでの試合からやっと試合勘を取り戻してきて、自分のゴルフが段々良くなってきています。オフは100ヤード以内のショットを中心に練習しました。まだ2戦しか戦っていないので、まだまだというのはありますが。地元で唯一開催される試合なので、結果を残したいという気持ちは人一倍ありますし、地元優勝というのを皆さんにお見せできたら最高だとは思います。でも、そんなに簡単ではないので、まずは自分のゴルフが出来たら良いと思います」

諸見里しのぶ
昨年末に拠点を神戸から東京に移し、心機一転新シーズンを迎える諸見里しのぶ。09年に年間6勝をあげて賞金ランキング2位に食い込んだが、その後は10年の20位が最高位。ついに昨年は71位と賞金シード圏外まで落ち、今年は同一年度公式戦2勝の5年シード最終年という瀬戸際でシーズンインする。

「私にとっては昨年の夏以来の沖縄なので、なんか懐かしい感じがします。今の私があるのは、この大会のお陰だと思っているので、地元ファンやお世話になった方々に恩返しをするためにも頑張りたい。ゴルフの調子はまぁまぁですけど、この調子でいかに成績を出していくかというのが今年のテーマなので、そこにむけて頑張っていきたいと思います」

上原彩子
昨年から米女子ツアーに本格参戦を果たした上原彩子。昨年、国内ツアーの賞金ランクは53位とわずかにシードには届かなかったが、今週は主催者推薦で16年連続16度目の出場を果たす。

「(米ツアーを経験し)色々なコースでプレーをしてきて、学ぶことがたくさんあったので、今週そういう成長した部分をギャラリーの方に見せられたらいいと思います。私自身もすごく楽しみにしているトーナメントですし、沖縄で唯一開催されている、国内開幕戦という大きなトーナメントなので、ぜひ頑張りたいと思います」

関連リンク

2014年 ダイキンオーキッドレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!12月のマンスリーゲストには金澤志奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~