ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

有村智恵&原江里菜が仙台でクリスマス会

宮城県・東北高出身の有村智恵原江里菜が21日(金)、仙台市のクリネックススタジアム宮城で行われたプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスと共催したクリスマス会に参加した。

東日本大震災で被災した石巻市立大須小学校の生徒や家族、また仮設住民を含めた約30人を招待して行われた同イベントは、有村と佐伯三貴が今年8月に楽天野球団の立花陽三社長と面会したのをきっかけに企画。佐伯はこの日、残念ながら欠席となったが、急きょ原が駆け付けた。

楽天・嶋基宏捕手、辛島航投手とともにまずは子供たちと昼食。その後の質問コーナーでは、原が小学生に耳打ちして、有村に好きな男性のタイプを問うと「まず、お仕事をちゃんとしていて、私よりも背が高い人。ちなみに募集中です。募集中です!誰も聞いてない…募集してます!」と猛アピール。それに対し、若きサウスポーの辛島投手が「ゴルフが上手で、僕より背がちょっと低くて、すごい賞金を稼いだりしている人。何でも言うことを聞きます。2人のようなキレイな人」と持ち上げた。

その後は室内練習場でストラックアウトとスナッグゴルフのゲーム大会。短い時間ながら、終始笑顔のまま大いに交流を楽しんだ。

このイベントについて有村は「今はプレゼントをあげる年齢になったけど、今日はみんなから元気をもらったような気がします。1人だとなかなか行動に移せないけど、今回お話をいただいて、スポーツは違うけど、みんなで盛り上げて行けたらという思いがあった」とコメント。来シーズンに本格参戦する米女子ツアーに向け「初めて参戦するけど、いい成績を残さないと、なかなか日本に届かない。しっかりとニュースが子供たちにも届くように頑張りたい」と意気込んだ。

一方の原は「一日はしゃぎっぱなしでした。私は2日前に(出席が)決まったけど、楽しかった。ゴルフでは、なかなか子供と触れ合うことが出来ないので良かった。今年は2シーズンぶりにシードに復帰したけど、優勝を目標にして、達成できなかった。来年は優勝を目指して頑張ります」と2008年以来となる待望の通算2勝目獲得を誓っていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。