ニュース

国内女子の最新ゴルフニュースをお届け

国内女子は1増36試合 賞金総額は過去最高を記録/2013年LPGAツアースケジュール

2012/12/11 17:16


11日(火)、日本女子プロゴルフ協会(以下LPGA)は、2013年の国内女子ツアートーナメント日程を発表した。レギュラーツアーでは「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」(3月29~31日/宮崎県・UMKカントリークラブ)が新規開催として加わり、昨年比1増の全36試合で実施される。また、ステップアップツアーは「フンドーキンレディース」(10月2~3日/大分県・臼杵カントリークラブ)が加わり1増の全8試合の開催となる。

賞金総額で変動があったのは、新規開催を加え全8試合(※ステップアップツアーを含む)。「ほけんの窓口レディース」(名称変更前:フンドーキンレディース)、「アース・モンダミンカップ」は、それぞれ4000万円増としたほか、「KKTレディス熊本」(名称変更前:西陣レディスクラシック)は1000万円減の6000万円となるなど、年間通しての賞金総額は34億1500万円と、08年の約33億9700万円超えの、過去最高の賞金総額となっている。

またレギュラーツアーでは、メジャー4戦に加え「ヤマハレディースオープン葛城」、「アース・モンダミンカップ」、「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」、「大王製紙エリエールレディスオープン」が4日間競技として開催される。世界のツアーに追いつくため、選手に様々な対応力をつけてもらうためにも4日間競技を推奨してきたLPGAの小林浩美会長は、「4日間競技開催に賛同して頂いた企業には感謝しています」と述べた上で、「国際競争力を養い、国内の選手の活躍に、スポンサーからの大きな期待をひしと感じている。それに応えるべく頑張っていかなければなりません」と表情を引き締めた。

というのも、今季は海外勢の連覇や、それに伴う視聴率の低下が懸念された時期もあった故。「強い選手というのは各国をまたいで活躍するもの。そのような選手がツアーにいるということは、日本の選手にとって、身近なところで強者と対峙でき、互いに切磋琢磨しあうことで努力を還元できる」と自身の経験から前向きに捉え、来シーズンも震災復興、オリンピック出場、ジュニア育成など、中期・長期目標に向け取り組みを図ると約束した。(東京都中央区/糸井順子)

関連リンク




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには藤田光里プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。