ニュース

国内女子マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

馬場ゆかり、最終ホールのバーディで首位を死守!

国内女子ツアー「マスターズGCレディース」の2日目。横峯さくら全美貞(韓国)が通算6アンダーまでスコアを伸ばしてホールアウト。最終組でラウンドしていた馬場ゆかりは、17番で今大会初のボギーを叩いて5アンダーに後退して最終18番を迎えた。

「どうしても最終組でラウンドしたかった」という馬場は、その18番で2打目をピンの右2mにぴたりとつけてバーディチャンスを迎える。そして、このパットを沈めると、右手を力強く握り締め、18番を取り囲んだギャラリーから喝采を浴びた。

<< 下に続く >>

「17番で悔しいボギーがありましたけど、その分18番に気持ちを乗せて行けたので良かった。最後のバーディは明日に繋がると思います」と話す馬場。

最終日は、同じく通算6アンダーで並んだ横峯、全と同組でラウンドすることになる。横峯は今季1勝、そして全は今季3勝を果たしているが、今季トップ5以内が9回の馬場が2年ぶりのツアー3勝目を果たすことになるか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 マスターズGCレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!