ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

藤田幸希「嬉しい!でも足痛い!!」

2010/09/12 17:49


国内女子ツアーのメジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権競技コニカミノルタ杯」の最終日を通算10アンダーの単独首位でスタートした藤田幸希が、最終日もスコアを3つ伸ばして通算13アンダー。2位に4打差をつけてメジャー初制覇を果たした。

3日目のラウンドは緊張していて前半は体が回らなかったと話していた藤田だが、この日はスタートの1番からピン横1mにつける会心のショットでバーディを奪った。その後ピンチらしいピンチは7番でティショットをラフに入れたことと、8番パー5で3打目がグリーンをオーバーしてラフに捕まった2度だけ。

<< 下に続く >>

8番のグリーン奥からのアプローチは、得意のロブショットでピン1mに寄せて難なくパーセーブ。そして後半スタートの10番パー5、そして優勝を決める最終18番パー5と、勝負どころできっちりとバーディを奪い、ノーボギーのラウンドで栄冠を掴んだ。

「昨日とは違って普通のゴルフができました。ほどよい緊張感というのでしょうか。朝起きたときは緊張しているのが分かって、やばかったですね。でも練習を始めたら、今日どんなゴルフができるのか楽しみになったんです。この位置(最終日最終組)で回れることが幸せに感じていました」と話す。

喜びの記者会見が終了したとき、椅子から立ち上がった藤田から最後に一言「痛ーい、本当に痛いんです。見てくださいよ、豆がつぶれてしまいまして」と、自らシューズを脱いでソックスもはがして傷をみせてくれた。

藤田によると、3日目のラウンド中から左小指に豆ができ、それが潰れてしまったそうだ。2日目から3日間会見場に呼ばれた藤田は、都度話題を振りまいてきたが、どうやらこの豆の件も最後に必ず言おうと取っておいたようだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!