ニュース

国内女子LPGA新人戦加賀電子カップの最新ゴルフニュースをお届け

竹村真琴、有終の美とは行かずも「良い1年でした」と笑顔

2009/12/11 17:20


2日間に渡る「LPGA新人戦 加賀電子カップ」が終了。優勝候補との呼び声も高かった竹村真琴は本調子から程遠い内容で、通算14オーバーの17位という不本意な結果に終わった。

「プレーにはまったく納得いかなくて、悔しい2日間でした」と表情を曇らす竹村だが、今年1年を評して「目標にしていたことを2つともクリアできたし、良い1年でした」と笑顔で振り返る。その2つとは、プロテストの合格と、最終予選会(ファイナルQT)の突破。先週に実施されたQTでは8位通過と健闘を見せ、来シーズンはほぼ全てのレギュラーツアーに出場できる権利を手にした。

その竹村、実は今年の元日に行った初詣でおみくじを引き、その結果が凶だったと明かす。「一週間ぐらい引きずりました…」と苦笑する竹村だが、「今年は上出来。大吉でしたね」と、自らの実力で運命を変えて見せた。

「まずはシード権」と目標を掲げる竹村。石川遼と同じ仲田健トレーナーの指導のもと、「持久力、筋力強化を含め、1年間持つ体をつくりたい」と、オフはトレーニングに徹底的に費やす。技術面でも「ショットの精度やショートゲームなど、全て向上させなければいけない」と、表情を引き締める。仲田氏はプロ野球選手のトレーナーも兼ねており、時期が合えば合同トレーニングを行う可能性も。シーズン開幕を前に、オフにも多くの注目を集めることになりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 LPGA新人戦加賀電子カップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!