ニュース

国内女子GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップの最新ゴルフニュースをお届け

初勝利ならず 野澤真央は敗者の弁も潔く「経験が無駄にならないよう」

◇国内女子◇GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ 最終日(18日)◇イーグルポイントGC (茨城県)◇6657yd(パー72)

3mのバーディパットはフックラインを伝ってカップの左フチに蹴られた。正規の18ホールでもこの日、何度も見られたシーン。若林舞衣子とのプレーオフ、2ホール目で敗れた野澤真央は「ラインとスピードが合っていなかった。あの(強い)タッチなら薄目に読めば良かったと思うラインが何個かありました」と惜敗の一日を振り返った。

<< 下に続く >>

リードして迎えた最終日最終組でのプレーは、序盤から若林に主導権を譲った。1番でいきなり3パットボギーを喫し、3番(パー5)からの2連続バーディの後、6番でトラブル。ティショットを左の林に曲げ、隣のホールを使うダブルボギーで再び後退。ペースを取り返せなかった。

1打ビハインドの劣勢で折り返し「後半に入ってから、ずっと緊張しっぱなしだった」というが、バックナインは2バーディでしのぎ「70」。目の前の相手がボギーをたたいた最終18番で追いつく意地も見せ、初勝利を逃しても「優勝争いで崩れるタイプだが、若林さんが崩さず伸ばすゴルフをしていた。ついていくのに必死だった。自分は背中を押された」と、その戦いぶりには胸を張った。

2021年に入り、18試合で11回の予選落ちもなんのその。持ち前のパワフルなショットを打ち続けて演じた激闘は、観る人を引き付けたはず。

「我慢して、耐えるゴルフになると思っていたところ、しっかりバーディを取って優勝争いに食いついていけたのは今までの自分になかった。この経験が無駄にならないようにしっかり頑張りたい」。敗者の弁を述べるあいだも、潔く、すがすがしかった。(茨城県阿見町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 GMOインターネット・レディース サマンサタバサグローバルカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!