ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

母カレーとトイプードルで集中力UP 高橋彩華が地元で2位発進

2021/06/04 18:07


◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 初日(4日)◇ヨネックスCC(新潟県)◇6435yd(パー72)

地元・新潟出身の22歳・高橋彩華が5バーディ、1ボギーの「68」でプレー。4アンダーで発進し「ショットの調子が良くない中、長いパターが入ってくれた。コースを知っている分、助けられた」と振り返った。

<< 下に続く >>

スタートから小雨が降りしきる中、出だし1番(パー5)で、110ydからPWで8mにつけてバーディ。「寄ればいいかな」と思った15番でも15mをねじ込んで、バーディを奪った。

「球が散っている。右ばっかりに行く日と、左ばっかりに行く日と交互に出る。きょうは左の日でした。早く調整したい」。フェアウェイキープ率57%(8/14)のショットを嘆いたが、前を向く。

今週は新潟市内の実家から1時間ほどかけて“通勤”。大会前は母・真由美さんが作るカレーと愛犬のトイプードル「セナ」と遊んで、英気を養った。

「今週は家でゆっくりすることができた。先週までの疲れが取れて、それが最後までの集中力につながった」

ヨネックスCCの初プレーは小学6年ごろで、それ以来数え切れないぐらいのラウンドを重ねてきた。「コースの逃げ場が分かっているので、悪いなりにうまくまとめられた」。2021年は5度のトップ10と好調をキープ。ツアー初優勝で、故郷に錦を飾りたい。(新潟県長岡市/玉木充)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!