ニュース

国内女子ニトリレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小祝さくら「差を感じた」笹生優花との一騎打ち

2020/08/30 19:55


◇国内女子◇ニトリレディスゴルフトーナメント 最終日(30日)◇小樽CC (北海道)◇6695yd(パー72)

小祝さくらは優勝した笹生優花と終盤まで競りながら2打差で惜敗した。3位に8打差をつける一騎打ちを演じたが「(笹生は)本当に強い選手。差を感じました」と敗戦を受け止めた。

<< 下に続く >>

地元のホステス大会で逆転を狙いチャンスは序盤に訪れた。1打上にいた笹生の2番のダブルボギーでトップに浮上。「まだ2番。スコアは気にしないでやっていた」としたが3番でミスが出た。短い距離を外して3パットのボギーとした。「難しくない場面。ああいうので流れが変わってくる」と課題に掲げるグリーン上でスコアを落とした。

7番(パー3)、9番(パー5)と同ホールでバーディを奪い合うなど、後続を引き離しマッチプレーのような展開に。「戦っている選手がいるからできるプレーかなと思います」と名門・小樽CCで好プレーを続けたが、勝負を分けたのは2打ビハインドで迎えた16番。ティショットを右に曲げた笹生が3打目を2mにつけてパーを拾ったのに対し、小祝は再び3パットのボギーとして、残り2ホールで3打差ついた。

この日のアンダーパーは笹生を含め2人という厳しいコンディションの中「72」でプレー。「今週トータルしてショットは良かった。パットが下手だなって思うので、そういう点でもっと上にいかないと厳しい」と振り返り、3歳下で2戦連続優勝を達成した笹生に対しては「2連勝がかかっていてもプレッシャーに負けずにやっている。振り切りが良くてヘッドスピードが速い、林に入れてもパットを入れてパーをとる。実力的には(笹生が)全然上」と脱帽した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ニトリレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!