ニュース

国内男子ダンロップ・スリクソン福島オープンの最新ゴルフニュースをお届け

自称テキトー男 アマチュア米澤蓮が「悔しくて眠れなかった夜」

2019/06/28 20:20


◇国内男子◇ダンロップ・スリクソン福島オープン 2日目(28日)◇グランディ那須白河ゴルフクラブ (福島)◇6961yd(パー72)

ツアー出場3試合目のアマチュア米澤蓮(東北福祉大2年)が、また上位争いに加わった。「65」と7つ伸ばし、通算10アンダーの7位。東北福祉大OBで首位の岩田寛から6打差につけた。

同じく大学OBの池田勇太佐藤大平との予選ラウンド。4ホールでパーオンを逃したが、得意のショートゲームを生かしてボギーなし。最終18番(パー5)では2オンからバーディで締め、先輩たちと笑顔で握手を交わした。

自らの性格を「気にしないタイプ」と表現。ミスをすぐに忘れ、切り替えの早さも強みだと自負する。「昔はできなかったんですけど、大学に入ったあたりから、できるようになった」。私生活は別だが、ゴルフでは「ある意味、全体的に適当なんです。寝れば、いろいろ忘れられます」と笑みを浮かべる。

ただ「悔しくて、眠れなかった」と振り返る試合がある。浅地洋佑に1打差の2位で惜敗した今年5月の「アジアパシフィックオープン選手権ダイヤモンドカップ」だ。外せばプレーオフに突入という2mのウィニングパットを沈められ、史上4人目のアマチュア優勝を逃した。

「普段はないけど、その日だけは夜中まで全然寝つけなかった。自分が勝てる、と思っているわけではなかったんですけど、もし1打違ったら、全然違った結果になったんだなと思うと…」。気づけばベッドの上で、夜中の3時過ぎまで考え込んでいたという。

「でも結局、考えすぎても仕方ないから、起きたときには、立ち直っていましたよ」と屈託なく笑う。これまでのところ、出場したツアー全試合で予選通過。ビッグスコアを望めるコースで「もう決勝に入ったら、攻めるしかない」。一打の重みを知る19歳が再び緊張感のある週末に向かう。(福島県西郷村/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ダンロップ・スリクソン福島オープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。