ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

笑いながら10秒だけ怒る 三浦桃香が徹したアンガーマネジメント

2019/05/09 18:23


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 初日(9日)◇茨城GC東コース◇6560yd(パー72)

20歳の三浦桃香が4バーディ、3ボギーの「71」でプレー。首位と3打差の1アンダー11位で初日を終えた。「難しいコースをアンダーパーで回れてうれしいです。今年一番いいゴルフだったと思います」と振り返った。

午前8時9分にアウトから出た。「距離も長いし、練習ラウンドのときにここはボギーでいいと思っていた」という190ydの2番(パー3)。5Iで3mにつけてバーディを先行させ「きょう一番うれしかった」と気持ち良くスタートした。4番、9番(パー5)でも「4、5mが入った」とバーディパットを沈め、スコアを伸ばした。各選手が「硬くて速い」と口をそろえる、難しいグリーン上を25パットに抑え「パット数が今季ベストかも」と笑顔を見せた。

2日目以降に課題も残った。ショットの精度を欠き「林に4回入れたし、バンカーにも3回入った」。3番、7番、10番では「ドライバーを握ったら林に向かっていった」とティショットを大きく曲げたが「ボギーでいいや」と割り切った。

これまでは「ショットがいいのにスコアが出なくてずっと怒っていた」というが、「きょうはいつもみたいに怒りを引きずらないように、10秒だけ怒ってあとはプラス思考に切り替えてプレーしました。ずっと顔は笑っているので、分からないと思いますけどね」と“アンガーマネジメント”に徹した。結果的に「きょうはショットが悪かったのにスコアが出た」と満足げだ。

前年大会は2アンダーで首位発進したが、2日目以降に伸ばせず55位で終えた悔しさが残る。

この日もプレー後はサインを求める長蛇の列ができた。今年こそ優勝を待ち望む大勢のファンの期待に応えたい。(茨城県つくばみらい市/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。