ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIPの最新ゴルフニュースをお届け

悪天候で3日目が中止 今平周吾「ホテルに帰ってゴロゴロ」

◇国内男子◇HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 3日目(3日)◇PGMゴルフリゾート沖縄 (沖縄)◇7270yd(パー72)

1時間遅れの午前9時50分にスタートした第3ラウンドは同10時26分に中断し、荒天のために午後0時6分に中止が決定。競技は54ホールに短縮され、賞金は75%に減額される。

通算8アンダーで4位につけていた賞金ランキングトップの今平周吾は、「ロッカーで寝ていました。やりたかったですけど(この雨は)ちょっと嫌ですね」と本音をこぼした。「あしたの天気は(きょうほど)悪くないみたいなので、みんないいスコアを出してくると思う。前半からバーディをいっぱい取れるように頑張りたい」と意気込んだ。「ホテルへ帰ってゴロゴロします」と帰路についた。

今平と同じ通算8アンダーで4位につける片岡大育は、「やっぱり4日間ちゃんとやりたかった。賞金も減額になるので残念。秋は連戦だったので休みができたと思って、ジムで軽く体を動かしてあしたに備えます」と話した。3打差で首位のショーン・ノリス(南アフリカ)を追う立場だが「沖縄の天候だと3打差は(何があるか)わからない。チャンスはある」と狙うのは、2017年「アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ」以来のツアー4勝目だ。

首位と4打差の通算7アンダーから巻き返しを狙う時松隆光は、「きょう1打差、2打差まで縮められればチャンスがあると思っていたんですけど、これであしたビッグスコアを出さなければいけなくなった。(優勝には)65くらいは必要になってくると思う」と中止を嘆いた。現在、約5945万円で賞金ランキング6位につける時松。規定により今大会の賞金加算は75%となるが、「難しいですけど、やることは一緒です」と今季2勝目に向けて気持ちを切り替えた。(沖縄県恩納村/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。