ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

金谷拓実がローアマ争いトップ 桂川有人は「8打」で首位から後退

◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 3日目(13日)◇横浜カントリークラブ(神奈川)◇7257yd(パー71)

単独首位から出た桂川有人(ユウト、日大2年)は、この日7オーバー「78」と崩れて通算1アンダーの29位に後退した。一方、この日4アンダー「67」で回った金谷拓実(東北福祉大2年)が通算3アンダー19位として、ローアマチュア争いの最上位へと浮上した。

桂川がつまずいたのは、3日間トータルで難易度1位の11番(492yd/パー4)。前日までは4Wを使っていたが、「きょうは攻めようと思った」と握った1Wを右に曲げ、ハザード内から打った2打目は左ブッシュへ。アンプレヤブルをした後の4打目をグリーン奥のブッシュに入れ、5打目でグリーンに乗せたものの、ファーストパットがグリーンから転がり出て、そこから寄せワンの「8」。「11番のティショットが一番ダメだったと思う」と悔しがった。

一方の金谷は、上り2連続を含む5バーディ、1ボギーに「チャンスをものにできた。パッティングミスもあったけど、きょうの内容には満足」と笑顔。初日から「72」「71」「67」と徐々にスコアを伸ばし「あすも1日突っ走っていきたい」と気合いをみせた。

今大会で予選通過を果たしたアマチュアは計7人で、3日目を終えた成績は以下の通り。

<アマチュア成績/3R>
19T/-3/金谷拓実
29T/-1/D.ミルクージー、桂川有人
35T/0/米澤蓮
43T/+1/今野大喜
52T/+3/木村太一
60T/+6/野澤竜次

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。