ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

49歳の“おじさん” 藤田寛之の不安と夢

2018/10/13 19:19


◇国内メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 3日目(13日)◇横浜カントリークラブ(神奈川)◇7257yd(パー71)

初日の貯金がそのまま最終日へと持ち越された。6連続バーディを含む7アンダー「64」で第1ラウンドを飛び出した藤田寛之は、2日目、3日目にパープレーの「71」を並べて通算7アンダーのまま、首位と4打差の3位につけた。だが、「自分の中でタイトルどうこうというのは、まったく頭にないですねえ」と、49歳の威勢は上がってこない。

コースに出れば、ショットの不安が頭をもたげる。「プレー中は“なるようになれ”と思ってやっているけど、本人は一か八か。それが良い方向に転がるか、転がらないかの計算ができない」という手探りが続いている。

2012年に賞金王に上り詰めてツアー通算18勝を誇るが、「日本オープン」のタイトルには手が届いていない。それでも「クリアすべき目標が1段ずつある。まずは予選を通って、次はシード権。自分は2段目か3段目にいるところだけど、日本オープンのタイトルは5段くらい上ですから」と自虐的に笑うばかりだ。

「きのうも宮本(勝昌)とご飯を食べながらしゃべって、宮本も『予選通過でドキドキして手が震える』って言って、『わかる、わかる』って傷を舐めあっています。(2週前の)東海クラシックでも、昔はトップ10くらいなら『この野郎』って思っていたのが、久々のトップ10でドキドキしましたから」

リーダーボードの上位に並ぶのはツアー初優勝を目指す若者たちだが、「いまの時代は初優勝だから勝てないという時代ではない。強くて若い子はいるし、エネルギー切れの自分とよい勝負」と、元賞金王におごりはない。

むしろ、そんな若者たちとの戦いを心待ちにするかのようだ。「下手でもなんでも、ここでプレーさせてもらっている以上、チャンスがあるんでしょうからね。オジサンでも夢を見られる位置にいるので必死にやる。あまり考えると寝られなくなりそうなので、考えたくないですけどね」。

最近はリーダーボードに自分の名前を見るだけで、うれしくなるという。サンデーバックナインで優勝争いをするワクワク感は、ベテランの潜在能力を引き出すはずだ。(神奈川県横浜市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!