ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太の相棒は富士桜の元研修生 フィジー出身ラジーフ

2018/08/29 17:21


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 事前情報(29日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566yd(パー71)

2016年、17年大会と2年連続でハウスキャディを起用してきた池田勇太の隣には、今年“屈強な大男”がいる。フィジー国籍のラジーフ・プラサドさんだ。昨年3月の米男子ツアー「WGCメキシコ選手権」で初めてタッグを組み、今年は「マスターズ」や「全英オープン」を含む海外すべての試合でバッグを担いだ。今季国内でのタッグは今回が初めてとなる。

ラジーフさんはフィジーでライセンスを持つプロゴルファーだ。「日本に来て研修生をやって、たまにQT出たり、キャディやったりしている」と自身の経歴を流ちょうな日本語で話す。2008年から約3年間、研修生として在籍していたのが、05年から「フジサンケイクラシック」の舞台になっている、ここ富士桜CCなのだ。

コースを知り尽くすラジーフさんは今年のセッティングについて「グリーンがいつもより遅い感じがする。速いイメージがあるので気を付けないと。勇太だからパターが入れば(勝負できる)」とグリーンをキーポイントにあげた。

コンビを組むのはおおよそ10回目となる池田とは“同級生”の33歳。「思ってることをなんでも言い合える、ちょうどいい関係」だ。

今年、池田は前半戦に海外ツアー中心のスケジュールを組んでいたため、国内の試合は9戦目となる。賞金ランキングは25位。2016年大会はイーブンパー16位、17年大会は4オーバー26位で終えた。今年こそ優勝争いに絡むべく、心強い“相棒”と二人三脚で捲土重来を期す。(山梨県富士河口湖町/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!