ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

50歳の金字塔 谷口徹のうっすら涙

2018/05/13 19:38


◇国内メジャー◇日本プロ選手権 最終日(13日)◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(千葉県)◇7324yd(パー72)

雨に濡れた50歳はグリーン上でこの日、3度ガッツポーズした。「道具が進化して、若い選手と飛距離の差はつけられる。ただ、パットは下手にならない」。プレーオフ2ホール目に藤本佳則を下した谷口徹の目にうっすら涙が浮かんだ。

首位と2打差だった17番は5mのパーパット。「ここを決めないとチャンスはない。うまく入れられた」。1打差に迫った最終18番の5mのバーディパットは「ラインが分からなかった。最後は自分の感覚を信じた」。緩やかなフックラインを入れ、トップをとらえると、雄たけびを上げた。

プレーオフでのウィニングパットは、同じく18番の5mのバーディパット。「ここで決めてやる。ティも前になっていたので、飛距離で勝る藤本くんが有利で、負けると思った」。執念を見せ、2012年の「ブリヂストンオープン」以来、6季ぶりの通算20勝目を挙げ、派手なアクションで歓声に応えた。

長らくタイトルに見放された。3年前に行った肉体改造が裏目に出て「スイングが悪くなったりした。自分のプレーはできないし、体力的にもきついなって思った」。子どもから「パパは勝たないの?」と聞かれ、いつも「賞金を稼げない若いプロがいるから、パパはあえて頑張らないようにしているんだよ」とごまかしてきた。

今季平均飛距離は261.47ydで、全体127位。「道具だってどんどん進化していく。自分はショットのアドバンテージがなくなった。今週も調子は良くなかった。ただ、その中であきらめないで勝った」。

50歳92日での優勝は、尾崎将司の49歳109日を上回り、国内メジャー最年長優勝記録になった。5年シードを獲得し、2023年シーズンまでの出場資格を得た。シニアツアーに参戦する権利を得ても、レギュラーツアーにこだわり続けている。

ツアー最年長優勝は尾崎将司の55歳241日。「55歳はね、厳しいでしょ…。本当はQTに落ちたときが、やめどきかなと思っていた。1年1年大事になる。本当に5年やるって長いのよ」。金字塔を打ち立てた50歳は、照れ笑いを浮かべた。(千葉県睦沢町/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2018年 日本プロゴルフ選手権大会

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。