ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

5年シードは重すぎる?谷口徹のボヤキと本音

2018/05/12 19:29


◇国内メジャー◇日本プロ選手権 3日目(12日)◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(千葉県)◇7324yd(パー72)

6季ぶりの20勝目になると、1996年に優勝した尾崎将司の大会最年長優勝記録(49歳109日)を塗り替える。「王手をかけてから長いよ。2000本安打に王手をかけて達成できていない。そんな心境だから」。首位と1打差、通算5アンダー2位につけた50歳の谷口徹はおどけた。

ホールアウト後、開口一番「もう疲れた」。難しいセッティングで「ドライバーが曲がるから頭も体も疲労感でね…」という。それでも、熟練の技を光らせ4バーディ、3ボギーの「71」にまとめた。

バーディ直後の後半14番(パー3)は、ティショットをグリーン右手前の池に入れボギー。ティグラウンドで競技委員にプレーペースを計測されており、「前が遅いだけだったのに…ちょっとイラっとして集中力がイマイチだったな」。

今大会は2010年、12年に優勝した。毎年コースの変わる中で好相性の要因を「春先で元気だから強いだけ。6、7月は元気なくなっているし」と話す。

優勝者には5年シードが付与される。谷口は「5年シードは重すぎるよ。資格があっても、それだけ出る自信がないから。3年が限界だよね」。苦笑いを浮かべながらボヤキ続けた。

「みんな飛ばすし大変ですよ。でも優勝はしたいです」(千葉県睦沢町/林洋平)

関連リンク

2018年 日本プロゴルフ選手権大会

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~