ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

50歳の谷口徹が「日本プロ」最年長優勝 プレーオフ制し涙

2018/05/13 17:21


◇国内メジャー◇日本プロ選手権 最終日(13日)◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(千葉県)◇7324yd(パー72)

大粒の雨となった最終日。谷口徹藤本佳則が通算6アンダーで並び、プレーオフに突入。谷口が2ホール目でバーディを奪い、藤本を振り切って涙の優勝を遂げた。

2012年以来となる大会3勝目はツアー20勝目。50歳92日での優勝は、尾崎将司の持っていた49歳109日を上回り、国内メジャー最年長優勝記録を更新した。谷口は「奇跡だと思う」と話した。

1打差の2位から出た谷口は3バーディ、2ボギーの「71」でプレー。最終18番で4mのバーディパットを沈めて単独首位スタートの藤本に追いついた。

稲森佑貴、オーストラリアのブレンダン・ジョーンズマシュー・グリフィンの3人が通算5アンダーの3位。昨年覇者の宮里優作は通算4アンダーの6位で、星野陸也小鯛竜也らと並んだ。

石川遼は「72」でプレーし、通算3オーバーの34位で終えた。

優勝/-6/谷口徹
2/-6/藤本佳則
3T/-5/稲森佑貴B.ジョーンズM.グリフィン
6T/-4/星野陸也大槻智春小鯛竜也S.ハン宮里優作阿久津未来也

関連リンク

2018年 日本プロゴルフ選手権大会

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~