ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

痛々しくても4位発進 久保谷健一と市原弘大

◇国内男子&アジア共同主管◇パナソニックオープン選手権 初日(19日)◇茨木カンツリー倶楽部・西コース(大阪)◇7343yd(パー71)

ディフェンディングチャンピオンではあるものの、とても連覇などとは口にできない。前週途中に発症した腰痛でカップから球を拾うのもひと苦労。それでも、久保谷健一は初日に5アンダー4位と周囲もあ然の好発進を決めた。

同組で回った前週優勝の重永亜斗夢もあきれ顔だ。「痛いフリですよ…。全然飛んでいるし、なんなのって感じです」と、自身は1オーバーで意気消沈。もう一人のトッド・シノット(オーストラリア)も、久保谷のピッチマークを直すのを手伝ったりしながら8オーバーと出遅れた。

ゆっくりとバックスイングを上げ、インパクト以降に回っていくのは腕だけだ。「振れはしない。当てているだけ」というなんとも痛々しいスイングながら6バーディ1ボギー。「ノーイメージでなんとなく。気持ちだけは一番楽にできたと思う」と期待値ゼロも奏功した。

同じく5アンダーで初日を終えた市原弘大も、背中をさすりながら上がって来た。「今朝、ロッカーでクラブを入れている時にピキッてきて・・・。行けるかなっていう感じで、トレーナーの人にテーピングをしてもらって、痛み止めを飲んで出た」という状態。

「痛い方がスイングが良いんですかね。無理をしなかったのが逆に功をなしたのかなと思います」と笑う姿も、やっぱり少し痛々しかった。(大阪府茨木市/今岡涼太)

関連リンク

2018年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~