ニュース

国内男子パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

「64」の久保谷健一が“おじさん対決”プレーオフ制し7勝目

◇国内男子&アジア共同主管◇パナソニックオープン選手権 最終日(23日)◇千葉カントリークラブ梅郷コース(千葉)◇7130yd(パー71)

首位に6打差の21位からスタートした45歳の久保谷健一が7バーディ、ノーボギーの「64」とこの日のベストスコアを出して、通算11アンダーで並んだ44歳の宮本勝昌とのプレーオフに突入。1ホール目をボギーとして、ダブルボギー以上とした宮本に競り勝ち、大逆転でツアー通算7勝を挙げた。プロ22年目、45歳の久保谷の優勝は2012年「日本オープン」以来5季ぶりとなる。

2打差5位からスタートした宮本が、ホールアウトしていた久保谷に1打差2位で迎えた18番(607ヤード、パー5)で、グリーン奥からのアプローチを30cmに寄せてバーディで追いつきプレーオフとなった。

1995年にプロ転向した同期対決となったプレーオフ1ホール目で、宮本がティショットを左に曲げるOB。久保谷がボギーとして優勝を決めた。「最後は宮本くんと泥仕合をしましたが…。日本オープンの5年シード最終年の今年、もう少しやれということだと思う。これからも頑張ります」と語った。

4日目ハイライト

単独トップでスタートした24歳のハン・ジュンゴン(韓国)は3バーディ、3ボギーの「71」とスコアを伸せず通算10アンダー。1打差2位でスタートした24歳の堀川未来夢キム・スンヒョグ(韓国)とともに3位で大会を終えた。

1打差2位で最終組でスタートした岩田寛は「77」と崩れて、通算3アンダーの30位。昨年の賞金王でディフェンディングチャンピオンの池田勇太は「73」でプレーし、通算2アンダーの36位で大会を終えた。

<上位の成績>
順位/スコア/選手名
優勝/-11/久保谷健一
2/-11/宮本勝昌
3T/-10/キム・スンヒョグハン・ジュンゴン堀川未来夢
6T/-9/I.J.ジャンキム・キョンテジュビック・パグンサン
9T/-8/シディクール・ラーマンウォンジョン・リー藤本佳則プラヤド・マークセン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 パナソニックオープンゴルフチャンピオンシップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。