ニュース

国内男子Novil Cupの最新ゴルフニュースをお届け

横峯さくら 男子ツアーに初挑戦「ゴルフは距離だけじゃない」

2018/03/29 16:07


◇AbemaTVツアー◇Novil Cup 事前情報(29日)◇Jクラシックゴルフクラブ(徳島県)◇7206yd(パー72)

横峯さくらが国内男子の下部AbemaTVツアー開幕戦「Novil Cup」に推薦で出場。2005年に海外男子ローカル競技「パールオープン」(17位)への参加経験があるが、男子のプロツアーには初めての出場となる。開幕前日の29日(水)にイン9ホールの練習ラウンドをこなし、28日(火)と合わせて全18ホールの確認を終えた。

推薦出場のオファーを受けたのは約1カ月前。「ビックリな感じだったけど、ゴルフ界の活性化に貢献できたらと思いました」と快諾した。当初は前週の米国女子ツアー「キア・クラシック」の予選会を受けに渡米する考えもあったが、男子ツアー参戦に切り替えたという。

事前ラウンドで感じた女子ツアーとの一番の違いは、やはり7206ydに設定された総距離の長さだ。国内女子ツアーの史上最長は、2016年に登別CC(北海道)で開催された「日本女子プロ」の6750yd。「パールオープン」の会場だった米ハワイ州のパールCCもフルバックで7000ydを切っており、未経験の距離となる。なお、過去には女子選手6人(※)が男子ツアーに出場しているが、これまで予選通過をした例はない。

「やっぱり長いですよね」と、パー4の2打目でアイアンを握れるのは2、3ホール程度だという。パー4で最長となる9番(470yd)では、フォローの風ながら2打目に3Wを握り、グリーン周りに届かせるのがやっと。「もちろん厳しい。しのぐゴルフになると思う」とタフな戦いを覚悟した。

「予選通過を目標にして、1つでも上を目指す気持ちでやりたい。ゴルフは距離だけじゃないところを、お見せできればいいですね」。注目の初日は午前8時58分に10番からティオフ。横田真一伊藤有志伊藤涼太と同組でプレーする。(徳島県阿波市/塚田達也)

(※)男子ツアーに出場した女子選手の過去の成績
【レギュラーツアー】
ソフィー・グスタフソン
2003年「カシオワールドオープン」 通算7オーバー93位(予選落ち)
ミッシェル・ウィ
2005年「カシオワールドオープン」 通算4オーバー68位(予選落ち)
2006年「カシオワールドオープン」 通算17オーバー100位(予選落ち)
宮里藍
2006年「アジア・ジャパン沖縄オープン」 通算16オーバー120位(予選落ち)

【下部ツアー】
・小川あい
2005年「カニトップ杯チャレンジ」 通算18オーバー(予選落ち)
山村彩恵(アマチュア)
2006年「エバーライフカップチャレンジ」 通算18オーバー(予選落ち)
石山千晶(アマチュア)
2009年「サンロイヤルGCカップ」 通算6オーバー(予選落ち)

関連リンク

2018年 Novil Cup




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~