ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

シード崖っぷちの川村昌弘 勝っても出ません最終戦

2017/11/24 19:28


◇国内男子◇カシオワールドオープン 2日目(24日)◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知)◇7315yd(パー72)

川村昌弘がこの日のベストスコア「67」をマークして通算4アンダー。首位に2打差の6位タイに浮上した。賞金ランキングは現在79位。かろうじて来季前半戦の出場権(第2シード)獲得圏内で迎えた終盤戦で、2013年の「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」以来となるツアー2勝目へ絶好の位置につけた。

ショットもパットも決して悪くない。けれど好スコアにつながらない。2カ月あまりの間、抱えてきたモヤモヤがようやく晴れた。「これだけ追い込まれるとかみ合うものですねえ」と、どこか他人事のように言う川村。この日は4つのパー5をすべてバーディとするなど、堅実に伸ばした。「5Iとか6Iでビタッとピンにつけたとかいうスーパープレーは特にないです」と振り返るのが、“かみ合った”一日を物語っていた。

日本、欧州、アジアの3ツアーのシードを手にして迎えた今季。1月のマレーシア遠征から始まった旅で訪れた国は、ここまでで15カ国以上。移動距離はすでに10万kmを超えた。思うような成績を残せず、こちらも終盤を迎えたアジアンツアーの賞金ランクは89位と低迷中。60位タイまでに付与される来季のシード獲得に向けた戦いが続いている。

それゆえ今大会で優勝しても、出場が可能になる来週の日本ツアー最終戦「日本シリーズJTカップ」(東京よみうりカントリークラブ)には「出ません」と話す。同週に行われるアフリカ大陸の東に浮かぶモーリシャスでの欧州・アジア・南アフリカツアー共催競技「アフラシアバンク・モーリシャスオープン」(ヘリテージGC)への参戦を決めている。

それが1年の締めくくりになるわけではなく、直後に南アフリカ、インドネシアでの大会に出場し、最後はインドツアーに出てクリスマスに帰国するつもり。「周りはシードがヤバいと気づかせてくれるんですけど、目指すのは優勝しかないです」。仮に日本での出場権獲得に失敗しても、予選会を受ける予定はない。「自分はいろんな国で勝ちたい」。旅人ゴルファーの、生き方だ。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2017年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。