ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

谷原秀人は賞金王遠のく、3パット3回で6打差7位 池田「勝ってなる」

◇国内男子メジャー◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 3日目(3日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

初の賞金タイトルには優勝が絶対条件。賞金ランク2位で迎えた谷原秀人が、ムービングデーを終えて窮地に追い込まれた。4位から出た3日目は、3回の3パットをたたくなど4バーディ、4ボギー1ダブルボギーの「72」と低迷。首位と6打差の通算5アンダー7位タイに後退し、逆転賞金タイトルへ劣勢の色が濃くなった。

<< 下に続く >>

初日から「ラインが合っていない」と首をひねり続けていたグリーン上。最終日を前にさらなる痛手となって、追い上げを図るパット巧者を苦しめた。前半2番はピン左6mから3パットボギー。続く3番では、ピン奥80センチのバーディチャンスから再びの3パットボギーとし、周囲を重い空気が漂い始める。

5番から3連続バーディで浮上の兆しを見せたが、8番の1m強のパーパットも「真っ直ぐだと思ったらスライスだった」とカップをそれた。最終18番(パー3)では、グリーン左バンカーからの2打目が「あそこで止まるとは思わなかった」とカップ上1mに止まり、下りのパーパットを2mオーバーさせての3パット。痛恨のダブルボギーで首位の背中はさらに遠のいたが「あしたもパットが入るように思えないけれど、なるべくバーディ量産できるように頑張りたい」と、有終の美に向けて自らを鼓舞した。

一方、約3000万円差で谷原をリードするランク1位の池田勇太は、5バーディ、2ボギーの「67」と連日のアンダーパーをマークし、首位と3打差の通算8アンダー、2位タイに浮上した。

2バーディを先行させた後の10番、11番では、いずれもグリーンを外して連続ボギーをたたいた。初日、2日目は中盤の失速からショットの精度を乱したが、この日は「少しずつはまってきている感じはする」と再加速。「12番で流れを変えられた」というボギー直後のパー4で、フェアウェイから4mにつけてバウンスバック。さらに14番、2オンに成功した17番(パー5)とバーディを重ね、着々とリーダーボードを駆け上がった。

谷原の失速もあって初の賞金タイトルの可能性を広げたが、池田が求めるのはあくまで優勝の二文字のみ。「勝って(賞金王に)なるのが、一番喜べるんじゃないですか?」。優勝となれば今季賞金は2億3749万7703円に達し、昨季に女子ゴルフのイ・ボミ(韓国)が記録した男女ツアーを通じての最高賞金額を更新する。(東京都稲城市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ゴルフ日本シリーズJTカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!