ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小田孔明は腹痛回復 得意コースで「賞金王決めたい」

国内男子ツアー「カシオワールドオープンゴルフトーナメント」で過去に2連覇(2008年、2009年)を飾るなど、会場のKochi黒潮カントリークラブを得意とする小田孔明。今週、優勝を果たすと賞金ランキングで2位につける藤田寛之が単独2位にならない限り、小田の賞金王戴冠が決まる。

一気に勝負を決めたい小田だが、体調面では不安がある。先週の「ダンロップフェニックストーナメント」最終日の朝から腹痛に悩まされ、ラウンド後には病院へ駆け込んだ。「胃腸炎って言われたんですけど、どうやら薬を飲んでも良くないらしく、この3日間は雑炊ぐらいしか食べてないんです」。

<< 下に続く >>

入院には至らなかったが、宮崎から高知に移動し、火曜日までは痛みが引かなかった。「なんていうんだろう。胃袋をえぐり取られるような痛さっていうかね。こんなの初めてですよ。これはね、絶対ストレス。だからストレス性胃腸炎ってことで」。

この日のプロアマ戦では、体調も回復し無事18ホールを完走したが「肉を食べてないから力が出ない。また痛くなったら嫌だから、金曜ぐらいまでは肉や魚は控えます」と、完治していないだけに、食生活には慎重にならざるを得ない。

「最終戦まで持ち込んで、ドキドキしながら回りたくない。だから大好きなこのコースで決めたいんですよ」。小田を苦しめる胃腸炎の最大の薬、それは今週優勝して賞金王を決めることだ。

小田を追いかける藤田もまた体調面に不安を抱える。「先週から風邪っぽくて、若干だるさがある。風邪が流行っているみたいだしね。(小田)孔明も病院に行ったって言うので、ちょっと心配しています。でも、ちょうどいいのかも。飛距離が落ちているなら、ハンディキャップをもらったほうが自分には助かります」。

コースを得意とする小田に対し、藤田は「苦手ということもないですが、自分の思い通りにいかないコース。自分は7位が最高だったと思う」と、やや向かい風だ。ビッグタイトルの懸かる大一番は、大会3連覇を果たした得意コースで行われる最終戦「日本シリーズJTカップ」に持ち込みたい。(高知県芸西村/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!