ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

小田孔明「ブチっ」のち「パチン」 藤田寛之も互いに意識?

国内男子ツアーの賞金王を決める戦いは、今週の「ダンロップフェニックストーナメント」を含めて残り3試合。賞金ランキング1位の小田孔明を同2位の藤田寛之らが追う展開だ。

大会3日目を通算1アンダーの30位タイで迎えた藤田寛之は、10番からスタートすると12番でダブルボギーが先行した。

一方、5アンダーの8位タイから約1時間後にスタートしたのは小田孔明。前半2バーディを奪ったものの、9番でボギーを叩くと、10番では3パットのダブルボギー。直後の11番で6mのバーディパットを沈めたが、「ブチって切れた」とイライラしたまま1つスコアを落として通算4アンダーで15番ティにたどり着いた。

ふと、横にあるリーダーボードを見ると、同じ4アンダーにいつの間にか“藤田寛之”の名前があることに気付いたという。藤田は12番のダブルボギーの後、18番、さらに2番から4連続バーディを奪ってしっかりとスコアを伸ばしていた。これを見て、小田のスイッチがパチンと入った。

「そんなん見たからね。そのあと4つ並べましたよ」。

直後の15番から最終18番まで4連続のバーディで締めた小田は、得意げに鼻を鳴らした。

3日目を終えて、小田は通算8アンダーの5位タイで、藤田は4アンダーの17位タイ。「少しはちゃんとやらないと。孔明は自分のことなんか忘れちゃっているでしょう(笑)」と自身の4連続バーディを振り返った藤田だが、見えないところでこの2人、しっかり意識し合っていた。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!