ニュース

国内男子HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦の最新ゴルフニュースをお届け

「藤田さんを目指したい」 近藤共弘はトレーニング強化中

2014/11/08 18:43


国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦」3日目。5位からスタートした近藤共弘が8バーディ、1ボギー「64」とし、通算15アンダーで単独首位に浮上。後続に2打差をつけ、3シーズンぶりのタイトルに王手を掛けた。

1つ伸ばして折り返したバックナインに、上がり3連続を含む6バーディを集中。12番(パー3)で6m、14番と17番では8mの距離を沈め、首位に駆け上がるラストスパートを演出した。「アイアンが良かった」というショットの切れとともに、10月上旬「トップ杯東海クラシック」から替えたパターが大きな支えになっている。

マレット型のパターヘッド形状はそのままに、シャフトをセンターモデルにチェンジ。「ずっとイメージも良いし、感触もしっくりきている」と、10月に入ってから4試合でトップ5入りは3回を数え、優勝に近い位置でプレーを続けている。

加えていまは「この時期になると疲れがたまってくる」という体力的な課題を克服するため、フィジカル面への意識も高めている。この3年間はマッサージ専用のトレーナーを帯同させ、ラウンド後は入念に体をケア。今年10月上旬からは、トレーナーと週3回を目安にした筋力トレーニングも始めた。「自分の中では若いイメージだったけど、僕ももう37歳。いまも体力とゴルフが上がっている藤田(寛之)さん(45歳)を目指してやっていきたい」。

「一番盛り上がる秋に、一番盛り下がる傾向にある」との言葉通り、過去の5勝はすべて10月以前のものだ。ここ数カ月の成果と上昇気流を実らせ、“秋の陣”の盛り上げ役に加わりたい。(茨城県美浦村/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP in 霞ヶ浦




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。