ニュース

国内男子アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント の最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之の男泣き!もっと早く勝ちたかった

福岡県の芥屋GCで開催された「アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント」を制したのは、福岡で生まれ育った藤田寛之だった。

テレビ中継の優勝インタビューで「この大会は勝ちたい試合の1つでした。でも、本当はもっと早く勝ちたかった・・・」と涙を流し、声を詰まらせた。ゴルフを始めた中学生時代に父・寛実(ひろみ)さんに連れられ、初めてプロのトーナメントを観戦し、その後プロを目指すきっかけとなった思い出の大会だ。

プロになってツアーに出場できるようになった時から、いつか両親の前で優勝したいという思いはあった。それが、さらに強くなったのは2年前。「試合を観にきていた父が医務室でお世話になってしまって。父もそれからは気が引けたみたいでコースまでは来ないんです」。

現在75歳の寛実さんは、数年前から脳梗塞や心筋梗塞で倒れた経験があり、今は自宅で静養をしている。「ちなみに父は元気ですよ。危ないとかじゃないですから。今週も2日は実家で夕食を摂りました。でも実家に泊まると『あの何番のダボはどうした』とか、いろいろ言われてしまうので、長居はしないようにしています」。

この日テレビ観戦をしている両親を気にかけ「こんなに長く試合してしまいましたが、このインタビューとか放送されますか?」と心配になる藤田。放送には入らないことを知ると「電話で報告します」と、少し残念そうにうつむいた。

予選2日間は、同じく福岡出身の手嶋多一小田孔明と3人でのペアリングとなった。「手嶋さんも小田も予選落ちしてしまったので、多くの方から2人の分も頑張れよって声をかけていただきました。今日もロープの外から何度も名前を呼んでいただいて嬉しかったです。また、地元を離れますが、これからも福岡から声援をお願いします」。

ツアー通算17度目の優勝で地元に錦を飾るという念願を1つ達成した藤田。それは自分を育ててくれた福岡の地と、なにより両親に対する感謝の気持ちから初めて見せた、涙の優勝インタビューだった。(福岡県糸島市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 アールズエバーラスティングKBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!