ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

日本男子ツアーで100叩き 初日「101」でホールアウト

2014/04/17 13:55


国内男子ツアー「東建ホームメイトカップ」が17日(木)、三重県の東建多度カントリークラブ・名古屋で開幕。初日午前から第1ラウンドをプレーした大津将史が「101」の大叩きを記録した。

スタートホールの1番からダブルパーの「8」で出ると、前半9ホールだけで「53」。カラーからパターで3メートルを沈めて唯一のバーディを奪った15番、パーとした16番(パー3)以外の16ホールはすべてボギー以上のスコアが並んだ。第1ラウンドを終え、30オーバーの最下位に沈み「あまり思い出したくないけれど、OBも5、6回打った」と話した。

<< 下に続く >>

記録の残る1985年以降、日本男子ツアーでの、18ホールの最多スコアは87年「東海クラシック」で鈴木規夫が記録した「122」だが、これは当時スコアカードの9番ホールの欄にアウト9ホールの合計スコア「42」を誤って記入したことによるものだった。鈴木に次ぐ記録は「93」(85年関東オープン/高尾賢治、87年関西プロ選手権/丸山仁義)だったため、この日の数字は史上2番目のワーストスコアを更新した。

大津は岐阜県出身の42歳のプロゴルファー。15歳の時、美濃加茂高でゴルフをはじめ、2002年にプロ転向。過去に3度、日本ツアーの予選会を受験したが、出場権は得られなかった。今大会は主催者推薦によりツアー(下部ツアーも含む)に初参戦。20代の頃から自身で事業を営んでおり、合間を縫って練習に努めてきたという。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 東建ホームメイトカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!