ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

昨年度賞金王・藤田寛之は2007年以来の年間未勝利

2013/12/08 20:55


東京よみうりカントリークラブで開催された国内男子ツアー「日本シリーズJTカップ」最終日。藤田寛之は2日目以降アンダーパーをマークし続けたが、初日5オーバーの出遅れが響き、通算3アンダーの8位タイで大会4連覇はならなかった。

初日を最下位で終えながら、ディフェンディングチャンピオンとしての意地を見せたその後の3日間。しかし藤田は「今日は9番で無理に寄せに行ったら、ダブルボギー。(2連続バーディの後に)勢いにブレーキをかけてしまった。今年を象徴しているなという感じ」と不満を隠さずにホールアウトした。

<< 下に続く >>

昨年、43歳にして賞金王を初戴冠。しかし満を持して迎えるはずだった「マスターズ」は、オフに発症した肋骨の疲労骨折を発端に、無惨な形で予選落ちした。その後のメジャーでも決勝ラウンドには進めず、国内ツアーでもショットの不振から抜け出せなかった。2008年から毎年優勝を重ねていたが、今年は未勝利、賞金ランク25位でフィニッシュ。「今年の内容では『優勝』というキーワードは出てこない。特に後半は全然優勝争いができなかった」と悔やんだ。

「オフの課題がたくさん見つかった」と反省は尽きない。それでも大会を終え「初日に出遅れて、このメンバーの中で順位を上げられたことには、今年感じなかった手応えもある」と話した。今年はまだ、2週後の「ザ・ロイヤルトロフィ」にアジア選抜の一員として参戦するが、屈辱の2文字を胸に強く刻み、コースを去った。(東京都稲城市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!