ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

思い出の茨木CCで予選落ち 井戸木鴻樹は再び米挑戦へ

2013/09/27 19:07


大阪府の茨木カンツリークラブで開催中の「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」2日目。国内で今季初のレギュラーツアー参戦となった井戸木鴻樹は、通算7オーバーの88位タイで予選落ちを喫した。

小学生、中学生時代にゴルフを覚えた茨木カンツリー倶楽部。思い出の地で初日に5オーバーと出遅れた51歳は、2日目もパッティングに悩まされた。出だしの1番から4メートル以内のチャンスを3ホール連続で作りながらも、決めきれずに、4番でボギーが先行。

<< 下に続く >>

「(3番までに)一発くらい入っていたら、気持ちも乗ってきたのに」と、序盤で流れをつかめないまま挽回はならず。結局3バーディ、5ボギーの「73」と、さらにスコアを落としてホールアウトした。

ショットが止まるグリーンは午後になると、やはり荒れた。レギュラーツアーを主戦場とする多くの選手が、頭を悩ませた。しかし井戸木は意に介さなかった。「いいや。スパイクマークは関係ないよ。(パターの)芯で打てていたら、しっかり転がったはず。僕は芯で打ててなかったからね」。日本が誇る、ただ一人のメジャーチャンピオンは最後まで潔かった。

今シーズンの残りは、再び米国シニアツアーへの参戦がまずは優先されそうだ。メジャータイトルは獲得したが、来季のシード権獲得のためにはシーズン終了時点での賞金ランキングで、30位以内の確保が必要となる(現在28位)。

10月31日(木)開幕の国内シニアメジャー「日本シニアオープン」と、チャンピオンズツアー最終戦「チャールズ・シュワブカップ選手権」は日程が重なっており、「悩んでいます。早く返事をしないとたくさんの方に迷惑をかけてしまう」と言う。「チャールズ―」は賞金総額250万ドルのビッグトーナメント、シード獲得を大きく左右するだけに苦悩している。

それでもまずは「2日間、思い出の残るところでプレーできたことをすごくうれしく思っています」と、結果的に短くなってしまった今大会を振り返った。「気合い、入れ直して、後半戦頑張ります!」。その言葉が、どこまでも力強かった。(大阪府茨木市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!