ニュース

国内男子ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

58歳・中嶋常幸 最年長優勝をかけて松山英樹と最終日最終組対決

茨城県の大洗ゴルフ倶楽部で開催中の国内男子ツアー「ダイヤモンドカップ」3日目。中嶋常幸がツアー史上最年長優勝を視界に捕えた。2アンダーの16位タイから出ると、1イーグル、5バーディ、1ボギーの「66」をマーク。通算8アンダーとして、松山英樹と並び首位タイで最終日を迎える。

ムービングデーの主役は、ツアー通算48勝の58歳だった。風が穏やかな大洗GCの午後。この絶好のチャンスを逃すまいと、中嶋は前半から飛ばした。2番(パー5)で「同伴競技者の2人がチップインを決めて」と、自らもグリーン手前からのチップインイーグルで続く。4番のバーディを挟み、7番からは3連続バーディを奪ってハーフ「30」で折り返し。後半は「スコアボードを見てトップだと思ったらパットが入らなくなった」と1バーディ、1ボギーに終わったが、2009年「ANAオープン」以来となる最終組最終組に入った。

<< 下に続く >>

「非常に挑戦意欲が湧く。日本一好きなコースで、こういうスコアで回れてうれしい」。同大会では最多の過去4度優勝。大洗では86年大会を制した。海風を浴び、空中のハザードを避け、硬く締まったグリーンを攻める。経験と熟練の妙技が存分に活かされる舞台だ。

「事の始まりを話せば長いんだけど・・・」。加齢による衰えはあれど、今季は体力面での充実を感じている。その大きな要因が、約10キロにも及ぶダイエットだった。2年前の2月、久々に乗った体重計が示した数値は95キロ。目を疑い、機械の故障すら疑った。しかしその後は自らを律し、減量に成功。「厳しい食事制限はしてないんだけどね。夕食を早く食べるようにしたり。アルコールはもともとそんなに飲まないけれど、アイスクリームは食べないようにした」。

長年痛みを抱える右ひざへの負担も減り「体にキレがある」と実感する。また、クラブの面でも、ヘッド体積460ccの大型モデルから、380ccの小ぶりヘッドのドライバーにチェンジしたことが大きな手応えに。「使い始めてからフェアウェイヒットが増えたんだ」。

前週には井戸木鴻樹がシニアメジャーの「全米プロシニア選手権」を征する快挙を達成。4月の「つるやオープン」では尾崎将司がレギュラーツアー初となるエージシュート達成に留まらない「62」を叩き出した。日本のシニア世代の勢いは加速するばかりだ。

迎える最終日は、そのジャンボの偉大な記録のひとつである最年長優勝記録(55歳7か月29日、2002年全日空オープン)の更新に挑戦する。同じく首位タイから最終組で出るのは、21歳の松山英樹だ。「明日の戦いは耐えられない。おじさんは挫けやすいから。なんであんな若いのと回んないといけないのか・・・もう、いい加減にしてくれよ」と、最も力のあるルーキーとの対決に苦笑いで溜め息をつく。

しかし去り際に「でも、楽しみだね」とポツリ。年の差、実に37歳。世代を超えた鍔迫り合いが、日曜日を熱くする。(茨城県大洗町/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ダイヤモンドカップゴルフ

GDOアマチュアゴルフトーナメント

国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ2013」練習場LIVE
国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ2013」会場の大洗ゴルフ倶楽部練習場から生中継!松山英樹、藤田寛之など注目選手の練習風景を石井忍プロの解説付きでお届けします。
【ライブ中継予定】
5月31日(金)6:30~9:00、10:30~16:00
6月1日(土)8:00~11:00、14:00~16:00



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!