ニュース

国内男子TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙の最新ゴルフニュースをお届け

ジャンボ尾崎、ツアー史上初のエージシュート達成はお預け

三重県の涼仙ゴルフ倶楽部で開催中の国内男子ツアー「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙」2日目。65歳の尾崎将司が6バーディ、1ボギーの「67」(パー72)で回り、エージシュートにあと2打と迫る好スコアをマークした。

初日に続きこの日もバーディ合戦が行われる中、尾崎は午後に3オーバーの127位タイでアウトコースからスタート。序盤の4ホールで3バーディを決めると、その後も安定したプレーを展開。後半は15番までにバーディを3つ重ね、6アンダーまでスコアを伸ばし、自身の年齢以下のスコアで18ホールを完了するエージシュート達成にあと1ストロークとした。

しかし直後の16番(パー3)でこの日初のボギーとし、この日5アンダーでホールアウト。1999年の日本ゴルフツアー機構(JGTO)発足後初の快挙はならず、通算2アンダーの90位タイで予選落ちとなった。

ラウンド後の尾崎は足早にクラブハウスを出たが、車に乗る直前に「65を出して予選落ちしたら格好悪いだろ。だから、あそこで止めといたんだ。エージシュートを達成する時は予選通過とかじゃなくて優勝争いの中で出したいね」と苦笑いを浮かべて会場を後にした。

エージシュートはシニアツアーで1981年に当時66歳の中村寅吉が「関東プロシニア選手権」で「65」をマークして達成。青木功は2007年「日本シニアオープン」最終日に「65」(当時65歳)を、08年「鬼ノ城シニアオープン」でも「66」(当時66歳)を出している。(三重県いなべ市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN 涼仙




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。