ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹は46位から全英へ「自信はあります」

岡山県のJFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開催中の「~全英への道~ミズノオープン」3日目。国内男子ツアーに今季初出場のアマチュア、松山英樹はイーブンパーの49位タイからスタートし、「70」で回り通算2アンダー。46位タイで最終日を迎えることになった。

ムービングデーをインコース、“裏街道”からティオフした松山は、前半11番でバーディを先行させたが、その後はなかなかバーディチャンスを活かせない展開が待っていた。折り返しの18番(パー5)でグリーン奥からのパターでの第4打をピンを大きくオーバーさせてボギーと、スコアを伸ばせず後半へ。

2番(パー5)をバーディ、6番(パー5)は残り260ヤードの第2打を5番ウッドで2オンさせ、6メートルを沈めてイーグルを奪取したが、8番(パー3)はラフからのアプローチを寄せきれずボギーとし、急浮上はならなかった。

しかし、クラブハウスへと引き上げる足取りは重くない。「パットのフィーリングがすごく良くなった。入ればもっとビッグスコアが出せたかなと言う感じ。あとボール1個、あと“ひと転がり”というところ。明日につながるような、スコアを出せるような内容になってきた」。雨天の初日から、徐々にグリーンのスピードも速くなり、アマチュア仕様とのギャップを警戒していたが、両手に残る好感触が表情をやわらかくした。

上位4選手に7月の「全英オープン」出場権が付与される今大会。現在4位タイまでの選手とは7打差あり、マスターズ以来の海外メジャー参戦の可能性は風前の灯といっていい。

だが「8アンダーくらい出さないと。(4日間)トータル10アンダー、そこを最低ラインに持っていく。3日間ミスしてきた分、攻めて、かつミスを少なくしたい」と意欲は衰えない。最終日の目標スコアは「64」。2日目に白潟英純がマークした今大会のベストスコアと同じだ。だがアジア最強アマは言い切った。「もう少しショットがうまくいけば、出せる自信はあります」。(岡山県笠岡市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ~全英への道~ミズノオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。