ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

上田とB.ケネディが首位タイで最終日へ! 熾烈極める「全英」争い

◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 3日目◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山県)◇7356ヤード(パー72)

バーディが乱舞するムービングデーを終え、スコアを大きく伸ばした後続組に呑み込まれながらも、首位からスタートした上田諭尉が2つ伸ばしてその座をキープ。「65」をマークしたブラッド・ケネディ(オーストラリア)と並ぶ通算11アンダー首位タイで、ホストVと上位4人に与えられる「全英オープン」出場権をかけた最終日に臨む。

通算10アンダーの単独3位にキム・ヒョンソン(韓国)。通算9アンダーの4位タイに、「65」をマークして急浮上した山下和宏のほか、藤本佳則谷口徹イ・スンホ(韓国)が続く。通算8アンダーの8位タイに、ともに「65」とチャージをかけたジェイ・チョイ(アメリカ)とドンファン(韓国)、小田龍一手嶋多一ほか8人がグループを形成している。

<首位から3打差に15人 混戦は残り18ホール>
2日目に単独首位に抜け出した上田は前半4番から3連続バーディを決め、一気に後続との差を拡げるかに思われたが、後半は1バーディ、2ボギーと失速。最終18番の3メートルのバーディパットもわずかに外れ、天を仰いでホールアウトした。トップタイの座は死守したが「疲れたよ。ホント」。独走に水を差した10番の3パットボギーを悔やんだ。

「結果的に1位にいられて良かったと思う」。そう話す上田は2007年の「東建ホームメイトカップ」以来となる通算2勝目が待たれる。しかしその周辺にはケネディ、キム・ヒョンソン、山下、イ・スンホらツアー初勝利を狙う面々もズラリ。上位4人選手には全英切符が付与されるが、まずはそれぞれが“優勝”の二文字だけを追っている。

最終日は下り坂の天気予報。悪条件の中での激戦を制した選手が、日本ツアー代表としてゴルフ発祥の地へ飛び立っていく。

【全英オープンの主な出場資格】
・2012年5月20日付の世界ランキング50位以内の選手:ベ・サンムン
・2011年度「プレジデンツカップ」に選出された選手:石川遼キム・キョンテ
・2011年「日本オープンゴルフ選手権競技」優勝者
・2011年賞金ランキング上位2人(上記有資格者を除く):高山忠洋谷口徹
★2012年度「~全英への道~ミズノオープン」上位4人(上記有資格者を除く)
★2012年度「東建ホームメイトカップ」から「~全英への道~ミズノオープン」までの賞金ランキング上位2人(上記有資格者を除く)
・アジア地区最終予選会通過者 市原弘大P.マークセン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ~全英への道~ミズノオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。