ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

藤田寛之「満足度は低め。スコアは良いので70点!」

3アンダーの8位タイからスタートした藤田寛之が、2日目に5ストローク伸ばして2位タイに浮上した。この日は、出だしの1番、ピッチングウェッジで放ったセカンドショットはピン上約3mにつけると、下りのスライスラインをきっちりと読んでバーディ。さらに3番、9番ではショートアイアンが冴え、ピン側1mにつけ次々とバーディパットを沈めた。

しかし藤田はこの成績にも「満足度は低め。スコアは良いので70点」と厳しく評価するも、「パッティングは入ってくれたので100点。でもティショットは30~40点かな。ただ、難しいホールでうまくいってくれたのでボギーを叩かずに済みました」と及第点を与えた。

このオフは自身の最重要課題であるショット精度に重点を置き、トレーニング、技術面を多方面から努力してきたと話す。しかし、今季開幕に備え「練習したわりには、あまり充電できていないような・・・」と苦笑い。「でも芹澤さんという急速な充電器が今週はありますからね(笑)」。師匠である芹澤信雄も今大会に参戦し「いてくれると心強い」と、その存在も藤田を支えている。

さらに42歳で迎える今シーズン、「年々、モチベーションは上がっています。うまくなりたいし、強くなりたい気持ちがまだまだ強いですね。そういう泥臭い職人的なのがきっと好きなんですよ」と、今のゴルフはまだまだ通過点に過ぎないと感じている。「今年はせっかくいいスタートが切れているので、失速したくない。とにかく伸ばしていくしかない」。国内ツアーでの優勝を1つでも、2つでも・・・と勝ちにこだわる藤田が戻ってきた。(兵庫県川西市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。