ニュース

国内男子チャレンジツアーの最新ゴルフニュースをお届け

伊佐が首位キープ! 地元の谷口拓也は失格/Novil Cup2012

チャレンジ初タイトルへ王手!単独首位で最 チャレンジ初タイトルへ王手!単独首位で最終日を迎える伊佐専禄

徳島県のJクラシックゴルフクラブで開催されている、国内男子チャレンジツアー「Novil Cup 2012」の2日目。日中を通して強い風、さらに朝のうちは強い雨が降りしきる悪天候に見舞われ、全体的に伸び悩む展開に。上位も揃ってスコアを落とす中、単独首位からスタートした伊佐専禄(いさ・せんろく)が「75」と3つ落とすも、通算1アンダーでその座を堅守。チャレンジ初タイトルに王手をかけ、明日の最終日を迎える。

通算1オーバーの2位タイに、大田和圭介、岡茂洋雄ヤン・ジホ(韓国)の3人。通算2オーバーの5位タイに、川岸良兼富田雅哉、この日唯一のアンダーパー「71」をマークした川村昌弘が続く。田中秀道は通算4オーバーの11位タイ。20位タイで2日目を迎えた地元・徳島県出身の谷口拓也は、過少申告のため失格となっている。

伊佐専禄/4バーディ、3ボギー、2ダブルボギー「75」 通算1アンダー単独首位

「出だしすごい天候で、雨と風が。そんななか今日+3で上がってこれて大満足です。本当にナイスカムバックでした。途中はもっと打っちゃうかと思っていました。予選落ちも頭をよぎりました。途中で開き直ったのが良かったです。バーディが来てくれたし。最後は池にいれてダボにしてしまいましたけど、満足です。

明日は天候がいいみたいですし、良いプレーをすれば優勝出来ると思いますので、優勝を狙っていきます。今まで優勝はミニツアーとか地方大会とかだけです。チャレンジでは去年のSRIXONチャレンジの初日に単独首位でスタートしたんですけど逆転されて2位だったことがあります。今回は相性がいいコースですし、調子もいいので、優勝狙っていきます」

大田和桂介/4バーディ、5ボギー、1ダブルボギー「75」 通算1オーバー2位タイ

「難しくて本当に疲れました。内容はスコアと比べたらすごく悪いんですけど、自分の出来る範囲で粘り強くプレーすることが出来たと思います。自分の持ち味が粘りのゴルフなので、自分のプレーが出来たのかなと思います。パーの価値があがるようなセッティングで上位にいけるのが持ち味だと思うので、こういう難しいコンディションになってくれたのが良かったです。同世代で石川遼松山英樹小平智とかすばらしい選手がたくさんいるので、負けたくないという気持ちがあります。とにかく勝ちにどん欲になって、勝ちに拘ったゴルフをしていきたいと思っています。今までやってきたことをい信じてやっていけば、自ずと結果は付いてくると思うので、自信を持ってプレーしたいです」


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~