ニュース

国内男子チャレンジツアーの最新ゴルフニュースをお届け

身長190cmの大型プレーヤー伊佐専禄が単独首位に/Novil Cup2012

4アンダーの「68」でラウンドし、単独首 4アンダーの「68」でラウンドし、単独首位に立った伊佐専禄

2012年ジャパンゴルフツアーの幕開けを告げるチャレンジトーナメント開幕戦「Novil Cup2012」が徳島県阿波市のJクラシックゴルフクラブにて開幕した。ツアートーナメントに引けを取らない難しいグリーンセッティングに、7m/sの風が吹く、難コンディションとなり多くの選手がスコアメイクに苦しんだ。

そんななか、沖縄県出身で身長190cmの大型プレーヤーの伊佐専禄が1イーグル、7バーディ、5ボギーと出入りの激しいゴルフながらも16番・パー5でのチップインイーグルが効き、4アンダーの「68」でラウンドし、単独首位に立った。

1打差の2位には今年からジャパンゴルフツアー に参戦するヤン・ジホ(韓国)が食い込み、2打差の3位には岡茂洋雄沖野克文、プロ2年目の大田和桂介、今年からジャパンゴルフツアーに参戦するH・W・リュー(韓国)の4選手が続いた。注目を集めるルーキー達で上位は、藤本佳則が1アンダーの7位タイ、浅地洋佑がイーブンパーの20位タイ、今平周吾宋孟璋(台湾)が1オーバーの29位タイとなっている。

■ 伊佐 専禄 68(-4)

「前半はいいゴルフが出来ていたんですけど、昼くらいから風が吹いてきて耐えてきた感じのところに、16番のチップインイーグルが大きかったです。16番の奥のいやらしいところからSWで。あれで4アンダーになったので、気持ち的に楽になりましたし、自分のなかではガッツポーズもでました。今日のコンディションで4アンダーは上出来、最高です。このコースは相性もいいし、飛ばし屋に有利なコースなので。調子も良いですし、残り2日頑張ります。

オフはアジアや地元の沖縄と暖かいところでゴルフをしてきました。アジアの予選はダメだったんですけど、2部の試合にでたりして、充実したオフを過ごせました。今季は裏シードを獲って、来シーズンにツアーで戦えるように頑張ります。徳島では、いつも行く居酒屋の大将に応援してもらっているし、一昨年、去年と2年連続5位タイと相性がいいので、今年は5位以上の成績は出したいですね」

「初日はまずまず上出来です」1アンダーの 「初日はまずまず上出来です」1アンダーの7位タイでホールアウトした藤本佳則

■ 藤本 佳則 71(-1)

「ぼちぼちよかったです。グリーン上がすごく難しいので、パットに苦しんだのと、ティショットでも1つ池に入れていますし。初戦にして、この風、このコースセッティングの中でアンダーで回れたことはまずまず上出来だと思います。ショットもすごくいい感じできているので、パット次第では良いスコアをだせる感じがあるので1つでも多くバーディを獲っていきたいです。(明日は雨予報ですが・・・)雨降ったら、それなりのゴルフをするので、もう何十年もやってきているから大丈夫です」

■ 浅地 洋佑 72(±0)

「ゴルフの調子自体は結構いいのですが、4日前から風邪をひき、熱は下がりましたが、胃腸の調子がよくないです。夜中に3、4回起きるような感じで、集中力がなくて。前半は意識朦朧としていて、その体調がものすごく悪い中でもパープレーでまわれたのは良かった。一昨日、病院に行って薬をだしてもらって風邪のだるさは治ったんですけど、ゴルフには集中出来ていなくて。体調さえ戻れば、ドライバーもパターもまずまずなので、明日、明後日大丈夫だと思います」

記事提供元: JGTO


今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~