ニュース

国内男子関西オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

山下、ツアーでは初の単独首位発進に上機嫌

2010/08/19 19:47


「え!?トップですか? いいですね~。初めての経験ですよ!」。国内男子ツアー「関西オープン」初日、山下和宏がレギュラーツアーでは自身初となる単独首位スタートを切り、ホールアウト後の囲み会見で満面の笑みを見せた。

スタートホールの10番パー5で3打目を20センチにつけ、バーディ発進。前半を2バーディ、1ボギーで折り返すと、「難しい」と警戒する10番で2メートルを沈めてバーディ。「その後はティショットも安定して、トラブルもなく最後までいけました」と3つのバーディを重ね、会心のラウンドに目を細めた。

<< 下に続く >>

舞台の田辺CCは、大半のホールの左右が狭い上にOBゾーンも近く、ティショットの精度が求められる林間コース。歩いていても「フォアー!」という声や、ボールが木に当たる音があちこちで響くなど、選手たちを苦しめている。

よほど状態が良いのだろう。「そんなに狭いですかねえ?という感じですけど・・・」とサラリ。今週の開幕前にコーチにスイングをチェックしてもらい、「自分なりに修正点ができて、今日はその練習でした。自分のテーマを一生懸命やっていたら、このスコアでしたね」という。これまで、最終日に崩れることで初優勝を逃し続けてきた山下。「原因はちょっとずつ分かってきている。最終日に力が入った時、どうすればよいか考えながらプレーしています」と、自信に溢れた表情が印象的だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 関西オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!