ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

第3ラウンドもサスペンデットになる中、上平栄道とC.ペーニャが暫定トップ/国内男子 QTファイナル3日目

茨城県にあるセントラルゴルフクラブ東・西コースで行なわれている、国内男子2006年度「クォリファイングトーナメント」の3日目。この日は第2ラウンドの残りと第3ラウンドが実施されたが、最終的に11人がホールアウトできず、第3ラウンドもサスペンデットに。そんな中、通算10アンダーで暫定トップに立ったのが上平栄道クリスチャン・ペーニャ(アメリカ)。これに賞金ランキング74位で惜しくもシード権を逃した清水洋一が、通算9アンダーで続いている。

注目選手では尾崎健夫田島創志らが通算6アンダーの暫定10位タイ。シード権獲得が微妙な塚田好宣は、通算2アンダーの暫定37位タイにつけている。この塚田は、現在賞金ランキング73位で、このままの順位ならシード権を得るのだが、賞金ランキング87位の今野康晴が今大会のディフェンディングチャンピオンの権利で「ゴルフ日本シリーズJTカップ」に出場しており、その結果次第ではシードを逃す可能がある。それを見越してのQT参戦となっている。

その他では、横田真一が通算イーブンパーの暫定67位タイ。ベテランの芹澤信雄平石武則らも通算1オーバーの暫定81位タイと苦しい戦いが続いている。なお、第3ラウンドの残りは明日の7時20分から。第4ラウンドは、その後に実施される予定だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!