ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

木下稜介「稲見選手は大丈夫…」な賞金レース 残り3戦で逆転なるか

2021/11/18 18:16


◇国内男子◇ダンロップフェニックス 初日(18日)◇フェニックスCC(宮崎)◇7042yd(パー71)

賞金ランキングでトップを追う立場になったのは5週ぶり。約141万円差で金谷拓実を追う木下稜介が久々にうなずいた。前週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」が終わるなり、月曜日(15日)に横浜市内で奥嶋誠昭コーチのレッスンを受けて宮崎入り。「その成果がきょう少し出てくれたかな」と振り返った。

<< 下に続く >>

6バーディ、1ボギーの「66」はタッチが合うグリーン上でのプレーと、復調の兆しがあるショットがかみ合ったもの。残り150ydの2打目をピンそば1mにつけた後半2番から3連続バーディを奪うなど、首位と3打差の5アンダー6位で滑り出した。

「腰が止まって手で力任せに振るようになってしまっていた」というスイングを、下半身を使うドリルをこなして修正してきた。遠征中はスマートフォンを介した映像やメッセージでのやり取りが多いコーチからの直接指導は約1カ月半ぶり。「動画だけではわからない部分が多い。頭の整理ができた」と納得できた。

同じ奥嶋コーチに師事する稲見萌寧が女子ツアーで賞金女王戴冠を間近にしている。「ふたり同時に賞金王を獲れれば喜んでもらえる」というのは用具契約を結ぶブリヂストンスポーツも同じ。

「稲見選手はたぶん大丈夫。あとは僕次第…」と木下。「残り3戦はきょうみたいなプレーができれば賞金王を獲れると思う。いかに平常心でできるかが大事。賞金王になって、世界ランキングを上げてマスターズにお世話になっている方と一緒に行くのが目標」。視線はその先にも置かれている。(宮崎県宮崎市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!