ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

賞金シード争いの“主役”に 決断迫られる藤田寛之「あきらめるのはイヤ」

2021/11/18 17:41


◇国内男子◇ダンロップフェニックス 初日(18日)◇フェニックスCC(宮崎)◇7042yd(パー71)

藤田寛之をして、52歳のいまは「難しいお年頃」なのだそうだ。賞金ランキング68位の現状は到底満足いくものではなく、「やらせてもらえるからにはレギュラーツアーでやりたい」とシード権の維持に懸命。他方では「シニアツアーにも出ろ」という声も年々、耳に届くようになった。決断のひとつひとつが、身の振り方にかかわる昨今だ。

<< 下に続く >>

次週「カシオワールドオープン」終了時に65位に入らなければ、23シーズン連続で守っている賞金シードを喪失する。来季の出場権を確保するためには、12月の最終予選会を上位で通過するか、藤田が有している「生涯獲得賞金上位25位の資格」の権利を行使するか。シードのボーダーラインに届かなければ選択を迫られる。

この秋はいよいよ、ここ数年で同じ境遇に置かれた選手たちに意見を求めた。「手嶋多一深堀圭一郎近藤智弘…」。年下も含めた“先輩”たちからのアドバイスはほとんどが「生涯獲得賞金」で得たギフトをまずは使うべきというススメ。「なにせボールコントロールができないから前向きになれない」とショットの長引く不振から、数週間先を楽観視できない。

「でも、あきらめるのが一番イヤ。常に一生懸命やりたい」という気持ちが今は支え。瀬戸際の今大会、初日に5バーディ「66」をマークして5アンダー6位で滑り出した。

「奇跡が起きた。自分でもよくわからないスコア」と首をひねるが、テークバックを深くするスイング修正を思いついたのは、前日ホテルの部屋で繰り返したシャドースイングがあったからだった。3番(パー3)では右に飛び出したティショットがグリーン脇の木の枝に当たって“OK”についた。「神様に『がんばれ』と言われているような。そんな寂しいことを思いながらプレーしていた」と考えにふける。

光をなかなか見いだせない状況にあっても、新型コロナ禍でギャラリーが会場にわずかでも戻ってきたことに心が動く。ここ2試合、そして次週も制限付きでギャラリーの入場が認められた。「いつものように声をかけてくれる。そういうところでやってきた身としては“焦点が合う”というか、“芯をくっている”感じがしてうれしい。(グランド)スタンドが新鮮なのは不思議な感覚」。ツアープロとしての醍醐味は若手に易々と譲れない。(宮崎県宮崎市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!