ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

ドバイか日本か 悩み抜いた杉原大河と米澤蓮の“アマ最終戦”

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目(12日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

アラブ首長国連邦から届いた中島啓太(日体大)の「アジアアマ」制覇という快挙の一報。日本でインターネット中継にかじりついた杉原大河米澤蓮(ともに東北福祉大)の2人も、ドバイで中島とタイトルを争っている可能性があった。

<< 下に続く >>

大学卒業を控え、来年からプロゴルファーとしてのキャリアをスタートさせる予定の2人には、国内ツアーの予選会(QT)が迫る。帰国後の自主隔離期間を考慮し、悩み抜いた末に日本に残ることを決めた。

杉原が「啓太なら、ある意味勝って当然くらいの実力がある。さすがです」と言えば、米澤も「プレーオフに残った時点で勝つだろうな、と。ホントに勝負強い選手なので。あのプレーを見せられたら、僕が行っても優勝できなかっただろうなって思います」と笑う。海の向こうから大きな刺激を受け取り、今週アマチュアとしての最終戦に臨んでいる。

フォローの風が吹く最終18番(パー5)、残り167ydからPWで2.5mに絡めてイーグルフィニッシュを決めた杉原は通算2アンダーで、首位と2打差の5位。「耐えていた中で神様がご褒美をくれたのかな。あしたからも難しいコンディションが続く。自分を信じて、それがいい結果につながってくれれば」と冷静に言った。

米澤は18番で2日続けて池につかまりながら、寄せワンでしのいだ。「66」は谷原秀人と並ぶこの日ベストスコア。トータル1アンダーで3打差9位とこちらも好位置につける。グリーン上の不調に苦しみ「途方に暮れていた」という1年。開幕前日にパターヘッドのウェートを替えて10gほど重くしたことが奏功した。

「いいプレーをしていければ、まだ分からない位置にいる。悔いのないプレーができれば」。松山英樹金谷拓実と東北福祉大勢がアマチュア優勝を飾ってきた舞台。アマとして有終の美を飾るべく意気込む後輩が続いても、不思議ではない。(静岡県御殿場市/亀山泰宏)

関連リンク

2021年 三井住友VISA太平洋マスターズ



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!