ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

史上2人目のアマでメジャー制覇へ逆転なるか 杉原大河が胸に刻む一通のLINE

2021/06/05 19:22


◇国内メジャー◇日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills 3日目(5日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7387yd(パー71)

昨年10月「日本オープン」、5月「ダイヤモンドカップ」と今シーズンだけでも2度の優勝争いを経験しているアマチュアの杉原大河(東北福祉大)。一方で「僕はメンタルが課題。自分でもずっと思ってきました」と重圧が増す週末のプレーに苦手意識に近いものを感じていた。

<< 下に続く >>

3週前の試合では首位タイで迎えた3日目に大きく後退。試合後、「全米プロ」出場のため渡米していた大学の先輩である金谷拓実に通信アプリ「LINE」で連絡をとった。自ら崩れてしまったこと、どういう心持ちで臨めばいいか…「自分の力を信じるしかない」。海の向こうからの返信はシンプルだったが、それができていない自分に気付かされた。

5打差4位から出だし6ホールで4バーディを量産してトップに迫ったこの日、終盤は疲労と緊張感でスイングが乱れ、ティショットが左右にブレ始めた。17番では左の斜面に曲げたが、土の上に止まったボールのライを見て池越えのセカンドショットを即決。「ちゃんと打てば、越える自信はあった。僕の中で刻む選択肢はありませんでした」

池を越えるには、きつい左下がりから少なくとも160ydは飛ばす必要があったが、8Iを振り抜いてグリーンまで届かせた。結果は2パットのパーでも、強靭な下半身とたくましくなったハートがかみ合った一打だった。

1973年のツアー制以降、松山英樹、金谷ら4人が成し遂げてきたアマチュア優勝。日本タイトルに限れば、さらに歴史をさかのぼっても1927年の「日本オープン」を勝った赤星六郎しかいない。「明日はやるしかない。自分の出来る最大のプレーをして、その結果が一番いい成績になれば」。大学の先輩たちでも届かなかった快挙へ5打差を追いかける。(茨城県笠間市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!